心理学って何をするの?意外と知らない心理学の豆知識


心理学は2種類に分けられる

大学で心理学を学ぶ場合、基礎の勉強を終えれば、どの分野を専攻するか選択を迫られます。「心理学」と一言で言っても、心理学に関連する分野を統括した呼び方なのです。心理学は、基礎心理学と応用心理学に大別されます。基礎心理学は、心理学の一般法則そのものであり、人間の集団の統計を取り、傾向を探ります。視点が集団に置かれ、人間が成長・発達していく過程を明らかにすることです。応用心理学は、社会集団における個人に視点が置かれています。基礎心理学で確立された知識や法則を個人に当てはめて活用していきます。臨床心理学や教育心理学などです。基礎倫理学と応用心理学は、理論と実践のような関係にあります。

基礎心理学ってどんなもの?

基礎心理学は、生理心理学や発達心理学、認知心理学などです。知識を蓄積することが本来の目的ですが、科学的に実験や調査を行う実験心理学も含まれます。生理心理学は、生理学と心理学の組み合わせです。人間の心の変化によって起きる身体の変化を研究します。人間が嘘をつくと、手に汗をかき、心拍数が上がります。そのような心と身体の関連を応用して作られたのが、嘘を発見する機器です。

応用心理学ってどんなもの?

応用心理学は、臨床心理学や教育心理学、犯罪心理学などです。基礎心理学の実験心理学で得た研究成果を問題解決に用いる学問です。臨床心理学は、精神の健康維持や回復を目的としています。精神医学や精神病理学と関連がある分野です。心理カウンセラーの資格である臨床心理士は、臨床心理学を基盤とする専門家です。

心理学の大学では、心理学の権威や学者、臨床心理士などは大学院への進学が必要です。その過程で大学でしっかり基礎と意志を固めなければいけません。