便利でお得なiDeCO!でも50代はココに注意


運用以外のメリットも大きい

近年、税金の優遇などが受けられる投資に関する制度が増えてきましたよね。中でもiDeCOは、自分が選んだ金融商品を運用して原則60歳以降に年金または一時金の形で受け取りができる仕組みです。公的年金を補填する制度でもあるため、ほかのさまざまな制度と比べても、多くの税制優遇が受けられますよ。突出しているのは、拠出する掛け金額が所得控除の対象になっていることで、拠出した分だけ節税効果が得られます。また、積み立て投資としてよく投資信託がすすめられていますが、定期預金などの元本確保型の商品による運用も可能です。投資に抵抗がある人は、主に節税効果をメインにして定期預金などで確実に老後資金を確保することも目的にしてもいいでしょう。一般に節税効果は税率が高い、つまり収入が多い人ほど大きくなります。比較的給与の高い60歳未満の中高年世代にとっては、単に定期預金に預けるより、iDeCOを活用したほうがはるかによい効果を得られるでしょう。

50代以上は注意して

基本的にiDeCOは老後資金確保のための制度ですので、60歳まで引き出せません。また、50代からiDeCOを利用する場合は、加入期間により受け取りスタートが遅れるので注意が必要です。もともとiDeCOは20歳以上、60歳未満の人が加入でき10年以上の加入が必要になります。そのため、50代でのスタートは、どうしても加入期間が足りなくなってしまうのです。年代は関係なく10年以上の加入で60歳から、8年以上10年未満なら61歳からというように最高で65歳以上になるので気をつけましょう。ただし、60歳以降は新たな拠出はできないものの、運用は受け取り時まで継続されますよ。

iDeCOは、いわゆる個人年金の制度ですが、その掛金は全額所得控除されます。また掛金を受け取る際も税額控除がされたり、運用益も非課税になるため非常にお得な制度です。